2015.08.31時事

混乱のギリシャ:首相辞任で課題山積みのままに

ギリシャのチプラス首相が20日に国営テレビでのスピーチで、「大統領に辞表を提出する」といって政府解散と総選挙の実施を発表しました。 未だ様々な問題が山積みの状態で総選挙を行う目的は、造反勢力の排除と、身辺を自分に近い議員で固めることだといわれています。 現在ギリシャでは難民問題や国債問題が未解決であ…続きを読む

2015.08.30食料

50年目の進化:江崎グリコ、ポッキーをグローバルブランドへ

江崎グリコが発売から50年目になるロングセラー商品「ポッキー」を大幅にリニューアルすることを発表しました。 重点的にリニューアルされたのはプレッツェルの部分で、同社の商品「バトンドール」に使われた技術を応用しています。 また、以前より行っていた世界展開をより強化することで、ポッキーのグローバルブラン…続きを読む

2015.08.29社会

物言う株主:新生村上ファンドの台頭

「物言う株主」として世間を騒がせた村上ファンドが、装い新たに復活しました。 村上ファンドとその代表である村上氏は、株主の権利を主張し、より効率的に利益を向上するような経営を指示する姿が当時は珍しかったため、「物言う株主」とよばれ、代表の村上氏がインサイダー取引の容疑が確定するまで株式市場を盛り上げま…続きを読む

2015.08.28時事

戦場になるのは会場だけじゃない?コミケ周辺店舗の戦い

夏と冬にビッグサイトで催される「コミックマーケット」、通称コミケ。 夏季の開催が先日開催され、無事に閉幕しました。 1回ごとの経済効果は180億円にも昇るとされ、テレビやネットで会場の盛り上がりや激しさを見たことがあるかと思います。 そんなコミケの影には、会場である東京ビッグサイト周辺にあるコンビニ…続きを読む

2015.08.27社会

原発再稼働、安全対策は十分なのか

川内原発の再稼働が8月11日、決行されました。 2011年の福島原発での事故後に制定された新規制基準に合格したことで、国内で初めて再稼働しました。 これにより「国内原発ゼロ」状態が終了し、川内原発に続くように再稼働に向けていくつかの原発も動きだしています。 これに対して世論は反対派と賛成派に大きく分…続きを読む

2015.08.26経済

世界同時株安:原因とこれからの動向

先日に発生した記録的ともいえる世界同時株安は、その影響を様々なところに広げています。 きっかけとされるものは、中国政府の規制による株安が誤解されたことによるアジア全体でのショック安で、そこにFOMCの議事録の公開や、韓国と北朝鮮の情勢悪化、天津での爆発事故など様々な要因が重なることで、米経済をはじめ…続きを読む

2015.08.26経済

TPPはどこまで影響を与える可能性を持っているのか

以前から長く話題に取り上げられているTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)が、7月の閣僚会議では大筋合意を達成出来ませんでした。 原因は各国の主張の食い違いにあり、決定はまだ先になりそうです。 もし今後導入された場合、私たちの生活はどのような影響を受けるのでしょうか。 最も懸念されていることは、日本農…続きを読む

2015.08.25時事

爆発騒動で揺れるタイの観光業

17日にタイのバンコクで起こった爆発事件で観光業への影響が懸念されています。 タイにとって観光業はGDPのうち、約9%を占める重要な産業です。 現在のタイは移行した軍事政権に対するデモやクーデターが相次いで発生し、その他にも多くの問題が未解決のままとなっています。 今回の事件がタイの経済に与える影響…続きを読む

2015.08.24時事

大塚家具:お家騒動の意外な展開

長らく世間を騒がせた大塚家具の「お家騒動」。 結果は娘の久美子氏が勝利を収め、社長を続投することで決着しました。現在は2008年にあった「ききょう企画」の一件で民事訴訟が続いています。 そんななか、大塚家具創業者の大塚勝久氏が「匠大塚」を設立することを発表しました。 「匠大塚」は美術工芸品、家具、カ…続きを読む

2015.08.23経済

苦戦続くニッセン 今後の展開は

カタログ通販のニッセンは120人の希望退職募集と大型家具事業からの撤退などを含めた改善策を発表しました。 ニッセンは親会社セブン&アイ・ホールディングスの支援を受けながら、カタログ発行回数を増やすなどの色々な試みを行いましたが、あまり振るわず、現在まで赤字が続いています。 背景にはネットショッピング…続きを読む

Page 1 of 31 2 3